数量限定、いまだけこのお値段で・・・売り文句の意外な裏側

人の心は困ったもので「特別にあなただけ」とか「いまだけ特別に」などと 特別待遇を示すセリフには
驚くほど弱いものです。お気づきでしたか?私だけは そんなことは無いから・・・なんて思っていませんか。
その一言が加わるだけで 何でもない普通の商品が特別のモノに見えてくるから あら不思議。

まさに、モノを買う気にさせる魔法の言葉・・・殺し文句と言えますね~。

買う気にさせるテレビショッピング

買う気をくすぐる特別待遇の決定版といえるのは テレビショッピング!
そりゃ 有ると便利だし 使うんでしょうけど まぁ 無くても今まで生活出来てるわけだし 生きていけるはず。
なのに うまいこと気持ちを乗せられて 今買う気にさせられる~。
テレビショッピングの<限定販売>を例にとってみると よくわかります。 感じのいいお姉さんやオバサマたちが
「今回は、皆様のご要望にお応えして、○○を限定100点だけご用意しました。
メーカー様にご無理を言ってやっとご用意出来た数量です。次回は いつまたご紹介出来るかわかりません。
是非 この機会を逃さないでいただきたい。
そして、今だけ特別に、超豪華な○○をお付けします!」などと 特別待遇をてんこ盛りにして
商品を手にしたり、実際に身につけたりしながらアピールしてきます。
見ているこちら側は 思わずメモを用意。しかも、「今から24時間以内にお電話を。先着順で締め切らせて
いただきます。」なんて言われれば、気持ちが焦ります。商品をじっくり確認する前に 早く電話をしないと
売り切れてしまう・・・ということに。

Sponsered Link


ホントに限定か?

ところが、限定100点と言ってはいますが 冷静になると非常に疑わしいところ。
実際には200点も300点も いや~実は限りなく有る場合もあるらしいのです。
つまり、「限定○○点、○○付き、電話はお早めに」は、売るための戦略にすぎないということ。
「限定」の特別感覚で誘い、「○○付き」でお買い得気分を満たし、「電話はお早めに」で焦らせる。
これぞまさにカモを釣る、お手本のようなマニュアルと言えるでしょう。今思い返すと 結構そういうことがあった気がする・・・。
だって 限定100点が3日後でも まだ有りますよ~ご注文どうぞ・・・なんてことがあったし。
商品が届いて「こんなモノ頼んだつもりはない!」と怒っても、超豪華なはずのオマケが妙なお皿だったりしても
乗せられたのはこちらです。クレームもつけにくいですね・・・。
「いまだけお買い得」のバーゲンセールも、「今、キャンペーン中で」と、やって来るセールスマンの一言も
「あなただけに教える特別情報」として届くダイレクトメールも、<特別なもの>に急いで群がりたくなる心理作用を
うま~く利用した、買わせる為の戦略のひとつであることを忘れないでください。
いちいち乗せられると、限定ビンボーになってしまいます。