軟式ボール規格変更で複合バット(ビヨンド)が使えなくなる?

先ずはじめに、この記事は噂話程度と言う事を記しておきます。

その噂は新公認球使用開始とともに、複合バット全面禁止?と言う話。

新公認球に変更となる記事を前回書きました。

(記事はこちら→軟式野球ボール M号 J号 に変更。 ハートマークが可愛い

この規格変更の話は軟式少年野球の現場ではホットな話題の一つです。そして、ボールだけじゃなくバットが・・・・

Sponsered Link

複合バット(コンポジットバット)は2002年頃から販売され、12年前の規格変更を乗り越え、開発が繰り返されていますが、今回の新公認球は大幅に変更されるので、もしかしたら現在販売されている複合バットの中には使用不可の物も出てくるのでは?との懸念が現場では話のネタで出てきています。

しかし、メーカーも新公認球が既に解っているので、その規格に適合したバットを開発し販売してくるでしょう!

心配ないじゃん!っと思いますが、新しいバットはOKでも、古い複合バットはダメ・・・なんて事になった場合

今まで使っていた我が家のビヨンドも使えなくなる。

新しいバット購入で財布が痛い(ToT)

さらに、審判員としては用具チェックをするときに、適合しているバットか?そうでないか?を判断するのが難しい場合。

運営する大会によっては、複合バット全面禁止!なんて措置をとる可能性もある。

祖父、祖母におねだりして買ってもらったバット。チームで数年かけて揃えたバット。これらが大会で使用不可となれば、もはや練習か素振りでしか使えなくなる。

っと、これはであって今後も今までの複合バットが使える可能性は十分にある。

ただ、情報は集めて損は無いし、その辺の事情に詳しい人からの情報があれば、私にも教えてほしいです(^v^)

もし、現在販売されている在庫が破格の格安で販売され始めたら、それは買い時か?それとも。。。。。

噂話をあなたは信じる?信じない?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください